腹筋運動でダイエットはほぼムリ

腹筋運動でダイエットはほぼムリ

 

世の中の多くの人がしているダイエットの誤解。
それが「腹筋すれば痩せる」というもの。

 

「何いってるの?腹筋して痩せないなんてあり得ないでしょ」と思うかもしれません。
でもこの記事を見たら納得してもらえると思いますので是非読んでみてください。

 

まず腹筋で痩せない理由を説明する前にダイエットの基本について知っておこう
を見てダイエットの原理原則を理解しましょう。

 

ここにも書きますと「摂取カロリー < 消費カロリー」が痩せるための唯一の原理原則です。

 

そして痩せるためには
・摂取カロリーを減らす
・消費カロリーを増やす

 

のどちらかをする必要があるわけですね。

 

それを理解したうえでなんですが、「腹筋運動」は上記のどちらになるでしょうか?
言うまでもなく「消費カロリーを増やす」ですよね。

 

じゃあ「消費カロリーを増やす」はずの腹筋運動なのにナゼ痩せないのか。

 

それも実はとってもカンタンで「対して消費カロリーを増やさない」から。
腹筋はとても小さい筋肉なので、少しやったくらいじゃカロリー消費はメッチャ少ないんですよ。

 

具体的な事例を出しますね。
25才、155cm、50kg、25才の女性が腹筋運動をしたとしましょう。

 

その時、1回あたりの消費カロリーってだいたいどのくらいかというと、どう思いますか?

 

答えは、なんとたったの0.47kcal。

 

それも、1分間で15回くらいのスピード・強度でやった場合の計算です。
4秒で1回って、運動初心者だとほぼ不可能なスピードです。
女性ならばなおさら。

 

なのでもしもっとゆっくりにしかできない場合、当然これより消費カロリーは減ります。

 

話はもどりますが、そのくらいのスピード・強度でやった腹筋1回の消費カロリー。
これがどのくらい少ないか、摂取する食べ物で考えると

 

バナナ0.003本

 

相当でしかありません。

 

腹筋ってどのくらいの回数しますでしょうか?
個人差はありますけど、よく言われるのが1日20回を3セット、みたいな感じですよね。

 

合計60回をやったとしても合計で28.2kcal。
それでもバナナ0.18本と約1/5なので1口か2口分にしかならないんです。

 

どうでしょうか?これを見てもまだ「腹筋は絶対に痩せる!」って思えますか?
(ちなみにハッピーマジックは1包で11.4kcal。腹筋でその分を消費するなら25回必要)

 

もしかしたらこんな反論もあるかもしれませんね。
「腹筋で筋肉がつけばやせるんじゃないの?」と。

 

これも感覚的には分からなくはありません。が実は間違いです。

 

よく「筋トレすれば脂肪が筋肉に変わる」なんて言われますが、物理的にありえません。
トレーニングすることで脂肪がタンパク質へと変身するなんてことは
中学生の化学くらいの知識でも「ありえない」と分かるはずです。

 

もしそれがありえるのであれば「鉄を磨けばダイヤモンドに変わる」くらいの事を言ってるのと同じ。
さすがに「それは無いわ」と思うはずです。

 

結局筋トレしても脂肪が減らなければ痩せませんからね。

 

なお筋トレをすることでお腹周りの筋肉は発達します。
でもそれで「お腹がやせる」ことはありません。

 

なぜなら筋肉が発達するというのは筋肉が太くなるということ。
筋肉が太くなっているのに痩せる(細くなる)なんて矛盾ですよね。
むしろ筋肉がしっかり発達したら太くなる可能性すらあるんです。

 

もちろんお腹の筋肉がしっかりつけばその周辺の脂肪が燃やされやすくなり、多少お腹の脂肪が減ることはありえます。
でも「お腹だけ優先的に痩せる」なんて都合よくはなりません。

 

上にも書いたとおり「腹筋で消費するカロリーなんてたかが知れてる」から。
バナナ1〜2口分しかならないエネルギー消費なので、脂肪を減らす効果は微々たるものです。

 

もしそれでも痩せたって人がいるのであれば、裏を返せばその人は
「バナナを数口食べたら結構体重が増える人」ということになりますよね。
現実的にそんな人がいるとは思えません。

 

長い説明になりましたが、腹筋して痩せるのがありえないのは理解できたと思います。

 

お腹をひきしめるためには「消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らして痩せる」ことと
腹筋を鍛えること、の両方をしっかりと実現しなければいけません。

 

ということで、腹筋運動だけに頼ったダイエットではなく、
腹筋はあくまで「筋肉を鍛える」と割りきって、ダイエット・痩せるためには別の方法を併用しましょう。

 

その方法の一つとしてハッピーマジックは「便通をよくしてぽっこりお腹解消」もできますし
消費カロリーも減らせるので、よい相乗効果を出せる方法だと思います。

 

> ハッピーマジックで驚くほどのダイエット効果!? はこちら